No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ

今でも結構な散らかり具合なので、どんな技法によるものがどの位あるのか委細は不明

建築/ガーデンハイツおおかみの部屋/倉庫

関連:No.102:ガーデンハイツおおかみ/Garden-Heights Ookami | No.205:「ドア」/”The Door” ほか

旧技法の国から放逐された私→ウォセ=オーザケフが、彷徨の末に辿り着いた場所。命名者は私

種々雑多な技法道具等が山と積まれており、家主→水沢岸辺でさえ出自のわからないものが多数存在する。私が技法地球242号にやってきた際の入口となった装置「ドア」も、その例に漏れない

 

オマケ

ちょっとだけ/ハシャぎすぎても/良いかしら?

No.204:世界回廊/The World Corridor

No.204:世界回廊/The World Corridor

次元の違う技法世界同士の隙間

技法組成等は不明

場所/亜空間/架橋的空間

関連: No.043:「ドアノブ」/”Doorknob” | No.010:パノプティコン式多元世界論/Panopticon-Type Multiverse

私→ウォセ=オーザケフは様々な多元(技法)世界の存在に出会い、彼らを記録するために「ドアノブ」という次元間遷移ツールを使って世界間移動を実現しているが、その際にはこのような空間を必ず通ることになる

一本道で且つ、色彩霧が表層下を流れている白壁に囲まれている、無機質的な空間である。ただし、通るたびに部屋の幅、長さ、高さ等は変化する

 

オマケ

ハロウィンに/向けてボディを/虫干しす。

No.204:世界回廊/The World Corridor

No.204:世界回廊/The World Corridor

No.161:シャープネス/The Sharpness

No.161
・名前:シャープネス/The Sharpness
・場所:技法地球242号(TE-242)/特定の日の湿地帯や沼に現れるとされている
・分類:技法世界の伝承/技法分類不明/フォークロア/怪人
・寸法:身長→190cm以上/体重→110kg以上
・概要:ある条件が揃うと出没すると言われている凶暴な民間伝承上の怪人。手に持ったバール(のようなもの)と尖った仮面の突端を駆使し、テリトリーに入り込んだひとびとに襲い掛かるらしい。彼を基にした映像作品は多数に及び、バールをブーメラン状(くの字)に変形させて逃げる者の首を刈る、ラストシーンは必ず仮面による刺殺で終わるなど、数々の名シーンやお約束が語り草となっている。

 

オマケ

サーティーン/金曜日だぜ!
fukitsu也

No.120:RGBの嵐/RGB Storm

No.120:RGBの嵐/RGB Storm

No.120:RGBの嵐/RGB Storm

SOTTB-120
・名前:RGBの嵐/RGB Storm
・場所:旧技法の国/混乱季中であればどこでも
・分類:技法現象/技法分類不明確/特殊災禍
・性質:旧技法の国全体と言って差し支えない位の広域・および長時間にわたる色彩霧の乱れの継続が原因(と言われている)/現技法世界での発生は確認されていない。
・概要:旧技法の国の末期に吹き荒れた技法現象。光の三原色(R:赤、G:緑、B:青)の色を持った流線状の色彩霧塊が、まざり合いをくり返し混沌としながら暴風雨を起こすことにより発生する。暴風雨のなかでは、ふたつの存在の精神がまざり合うなどの不可解現象が起こる模様。

 

No.119:ニセカラス/Fake Raven

No.119:ニセカラス/Fake Raven

No.119:ニセカラス/Fake Raven

SOTTB-119
・名前:ニセカラス/Fake Raven
・場所:旧技法の国/森林地帯など、霧のよく立ちこめる場所
・分類:けもの?/技法分類不明確/偽鳥類
・性別:おそらく心身ともに一般的なカラスと同じ
・寸法:身長→23cm程/体重→300~600g推定
・概要:ウォセ=オーザケフの故郷の世界に存在していた、カラスに似た存在。別名、「カラスじゃないもの」。明確な言語による会話が可能なほどの知性をそなえていること、固い殻のような組織に全身覆われていることを除けば一般的なカラスと生態系・特徴その他はさして変わらない。
・備考:そろそろ向き合わないとな、自分の過去と。