No.216:小さな勇者たち/The Little Technigic Braves

No.216:小さな勇者たち/The Little Technigic Braves

No.216:小さな勇者たち/The Little Technigic Braves

No.216:小さな勇者たち/The Little Technigic Braves

場所:技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ
技法:■■的技法
種別:勇者のボディ/リモートボディ/小人型
関連:No.029:素ボディ/Wo-Se=Ozakefu’s Type-Moto Body

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ウォセ=オーザケフが叙事的散文物語を書いてみよう、そのモチーフ探しの旅の準備を整えよう、と思ってからの行動は早かった。陰鬱な曇天による低気圧は私のボディ頭部に痛みを伴う圧迫を加えるが、時折それは、前進のためのアイデアを脳内から絞り出すのに役立ってくれる。

まずは記録のための仕組みが必要だと考え、私が新たに造り出した遠隔操作ボディが、この「小さな勇者たち」である。三体一組のこの存在には、左から、映像的記録を行う者「見」、言語的記録を行う者「言」、音響的記録を行う者「聞」と名付けた。

これらは私の意識によって自在に機能や動きをコントロールすることができる。これらか思う存分役立てていきたい。

 

オマケ

雨なんて、/荷が濡れなけりゃ/大丈夫・・・

No.215:占い師たち:惑乱の塔/The Diviners: The Tower for Wavering Minds

No.215:占い師たち:惑乱の塔/The Diviners: The Tower for Wavering Minds

No.215:占い師たち:惑乱の塔/The Diviners: The Tower for Wavering Minds

No.215:占い師たち:惑乱の塔/The Diviners: The Tower for Wavering Minds

場所:技法地球242号/技法道具専門店
技法:魔学的+神学的な成り立ち
種別:技法道具/占術器/吉方位磁針
関連:No.022:魔学的技法/Sorceritic Technigic

————————————————–

小さな鳥の頭を模した造形物が暗い筒のような幻像の外周に取り付き、各々好き勝手な方角を指し示している。・・・訳ではなく、これらは幻像に触れた者の思考を読みとり、その者が欲する何かを手にできる方角を向いている。

そして、心の底からただひとつの何かを欲さないと、これらの造形物は同一の方向を向くことはない。ゆえにこの道具は、店を悠々と訪れる位には金と欲望を持つ者たちから、「惑乱の塔」と呼ばれるようになった。

 

オマケ

平等を/求めるよりも/尊重を

No.214:ガイコツ頭/The Skullhead

 

No.214:ガイコツ頭/The Skullhead

場所:技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ/はじまりの倉庫
技法:科学的な成り立ち?
種別:造形物/遺物/自律型機械
関連:No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

————————————————–

アパート「ガーデンハイツおおかみ」の倉庫。この場所は土埃と種々雑多ながらくたにまみれている、小汚い部屋。そして242号の技法地球に私を解き放った「ドア」のある、何度目かのはじまりの場所

がらくたの山からは時々、この身の丈15センチ程の小さな自律歩行機械のような、生い立ちのわからない存在が跳び出してきたりする。彼ははじめからこの場所にいた、密やかな住人であったのだろうか。それとも私のように、ある日異なる世界へ続く通路を通って――

 

オマケ

白い陽を/食うため夜は/やって来る

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

場所:技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ/はじまりの倉庫
技法:科学的且つ神学的
種別:造形物/遺物
関連:No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

————————————————–

私が現在住んでいるアパート「ガーデンハイツおおかみ」の倉庫には、アパートの管理人が収蔵していたり、どういった経緯で紛れ込んだのか不明な物体が数多く存在する。私は或る日、おもむろにその内のひとつを手にとった

これはいつか行った技法道具専門店でも見かけたことがある。近くの他人が抱える問題に対する、最良の答えを常に発し続けているが、直接の持ち主が抱える問題へは一切答えをくれない。これはそういう、石の彫像

 

オマケ

旅立ちは/いつになるのか/人間よ

No.212:サンフォルム/Sanfolm

No.212:サンフォルム/Sanfolm

場所:技法地球242号/ホルクアイード
技法:全ての技法が域内にて存在
種別:場所/首都/ホルクアイードの首都
関連:No.210:ホルクアイード/Horkaied

————————————————–

サンフォルムは「風雪の国 ホルクアイード」の首都だ。亜寒帯地域に属していて、夏は涼しく、冬は寒い。なので避暑地として有名であり、観光資源も豊富だ。ここは私、ウォセ=オーザケフの第二の故郷でもある

少し思うところあって、このシリーズ→ある世界の存在たち/Technigic Beingsの立ち位置、目的、描き方、書き方などをしばらくの間模索してみようと思う、それに合わせてこの概要テキストページも、このようにレイアウトを変えてみたり、私、ウォセ=オーザケフの主観性をより強調した文体にしてみようと思う。よろしくな

 

オマケ

さびしくて/ああさびしくて/しかたない

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang