No.129:ハナムプエル/Hanam-Powel

No.129
・名前:ハナムプエル/Hanam-Powel
・場所:技法地球243号/大コロニー・ハナムプエーラ
・分類:けもの/妖学/妖獣/風船獣種
・性別:心身共に⚥
・寸法:高さ→5~30cm/重さ→1~5gほど
・概要:TE-243に存在する風船のように宙を浮かぶけもの。炭化水素ガスを吸収した後、ヘリウムを取り出し貯めこむという機能を持った妖学的器官を体内に備えており、これが浮力の源であるとされている。ハナムプエーラという文化都市圏の名前の由来となっており、また産出資源のひとつである炭化水素ガスにちなんで、都市圏のシンボルとしても扱われている。

 

オマケ

不便さを上手く使っていやがるぜ!!

No.107:ゼゼナウノン/Zezenawnon


SOTTB-107
・名前:ゼゼナウノン/Zezenawnon
・場所:TE-243/主に、神学的技法強作用地域周辺
・分類:ひと/神学的/精霊の棲処/自走型
・性別:体→棲みついた精霊の性質により部分的に変化/心→棲みついた精霊の精神性別の比率により変化
・寸法:体高→0.5~2m/体長→0.9~2.5m/体重→75~370kg(推定)
・概要:TE-243に生息している神学的技法生物であり、よく小型の精霊種たちの居住地となっている存在。彼らは一種の協力(契約?)関係にあり、精霊たちに認識してもらうことでゼゼナウノンは実存を保ち、代わりに精霊たちを望む場所へと命を賭して運んで行く。実は「諸般の事情を鑑みた特例」として種単位で「ひと」認定されている。

No.041:啓示するけもの/A Revealing Creature

No.041:啓示するけもの/A Revealing Creature

No.026:本好きの巨人/The Giant Who Likes Books

No.026:本好きの巨人/The Giant Who Likes Books

No.024:砂男の砂/Sand Made by Sandmann

No.024:砂男の砂/Sand Made by Sandmann