No.157:「イヌ」/”Dog”

No.157
・名前:「イヌ」/”Dog”
・場所:技法地球105号(TE-105)/或る廃材置き場
・分類:けもの(推定)/魔学または神学?/動物もどき
・性別:心身共に不明/測り逃した
・寸法:体高→59cm/重さ→正確にはわからないが、ダルメシアンと同程度と推測
・概要:TE-105からホームの世界(TE-242)に帰る間際に遭遇した、動物もどきと思われる存在。少なくとも動物の犬ではない。始めは犬のような鳴き声で近づいてきたので、それに合わせ犬に対するような接し方をすると、猫のような鳴き声を出し始め、猫にするような接し方をするとモルモットのような啼き声で以下略。何か特によくわかんない存在だった。

 

オマケ

さんふんで/けっさくせんりゅ/うつくりた

No.156:ダズォニック/Dazuoonic

No.156
・名前:ダズォニック/Dazuoonic
・場所:技法地球105号(TE-105)/或る廃材置き場
・分類:ひと/魔学+科学/固有種?/個人
・性別:心身共に不明/教えてくれなった
・寸法:高さ→193cm(悪魔部分込み)/重さ→測らせてもらえなかった
・概要:とある機械人形が悪魔と契約(?)を交わしたことにより誕生した存在・・・らしい(自己申告なので真偽はよくわからない。悪魔は嘘は吐かないけど、その分真実を秘すニュアンスの扱いに長けているので)。契約が達成された後、機械人形は頭の悪魔に身体の主導権を握られている模様。

 

オマケ

少しずつ
解けてゆけゆけ
呪いたち

 

No.101:人間型ドッペルゲンガー/Human Doppelgänger

No.101:人間型ドッペルゲンガー/Human Doppelgänger

No.101:人間型ドッペルゲンガー/Human Doppelgänger

SOTTB-101
・名前:人間型ドッペルゲンガー/Human Doppelgänger
・場所:旧技法の国、TE-105/ひとの文明圏
・分類:ひと/魔学・神学/有智ドッペルゲンガー
・性質:写し取った存在の精神面に対応して性別・姿態は変化する/例えば対象の存在が体→♂、心→♀だった場合、このドッペルゲンガーは心身共に♀の姿になる。寸法は、対象の知性の高さに比例しているというのが現時点での有力説。
・概要:見た目の形ではなく所謂「心の模様」を写し取って姿形を形成するドッペルゲンガー。この種のものは、対象がどんな存在であろうと人間型の形態をとる。

 

No.051:ミカヅキリュウ/Crescent-Moon Dragon

No.051:ミカヅキリュウ/Crescent-Moon Dragon

No.011:夜泣く産着/Crying Baby-Clothing at Night

No.011:夜泣く産着/Crying Baby-Clothing at Night