No.214:ガイコツ頭/The Skullhead

 

No.214:ガイコツ頭/The Skullhead

場所:技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ/はじまりの倉庫
技法:科学的な成り立ち?
種別:造形物/遺物/自律型機械
関連:No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

————————————————–

アパート「ガーデンハイツおおかみ」の倉庫。この場所は土埃と種々雑多ながらくたにまみれている、小汚い部屋。そして242号の技法地球に私を解き放った「ドア」のある、何度目かのはじまりの場所

がらくたの山からは時々、この身の丈15センチ程の小さな自律歩行機械のような、生い立ちのわからない存在が跳び出してきたりする。彼ははじめからこの場所にいた、密やかな住人であったのだろうか。それとも私のように、ある日異なる世界へ続く通路を通って――

 

オマケ

白い陽を/食うため夜は/やって来る

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

No.213:答えない石/Unanswered Stone

場所:技法地球242号/ガーデンハイツおおかみ/はじまりの倉庫
技法:科学的且つ神学的
種別:造形物/遺物
関連:No.206:はじまりの倉庫/Our Beginning Warehouse

————————————————–

私が現在住んでいるアパート「ガーデンハイツおおかみ」の倉庫には、アパートの管理人が収蔵していたり、どういった経緯で紛れ込んだのか不明な物体が数多く存在する。私は或る日、おもむろにその内のひとつを手にとった

これはいつか行った技法道具専門店でも見かけたことがある。近くの他人が抱える問題に対する、最良の答えを常に発し続けているが、直接の持ち主が抱える問題へは一切答えをくれない。これはそういう、石の彫像

 

オマケ

旅立ちは/いつになるのか/人間よ

No.187:記憶を読む眼/The Eye Reading Memories

No.187:記憶を読む眼/The Eye Reading Memories

技法地球244号(TE-244)/記憶の街 静南/第242棟前の広場

神学的技法が発生技法の基

造形物/ランドマーク/奇妙なオブジェ

静南のマンション前に設置されている大きくて平たい可動オブジェ。制作者・制作年月日不明

静南に漂う記憶を含有した「白い色彩霧」が濃くなっている方角に、瞳状部分を向ける性質を持つ

見た記憶を保存する機能も有していたらしいが、現在は失われており、本当に「記憶を読む」だけの存在になっている模様

 

オマケ

軸足を/少しずつずつ/変えようか

No.178:呼び声:白鳩のために/The Call: for White Pigeon

No.178:呼び声:白鳩のために/The Call: for White Pigeon

No.178:呼び声:白鳩のために/The Call: for White Pigeon

No.178
・名前:呼び声:白鳩のために/The Call: for White Pigeon
・場所:技法地球242号(TE-242)/ガーデンハイツおおかみ ほか/倉庫と化していた空き部屋に放置されていた
・分類:造形物/神学+魔学/アンテナ/異能のインテリア
・寸法:高さ→24cmほど/重さ→1.5kg
・関連:No.110:「アンテナ」/”Antenna”
・概要:私→ウォセ=オーザケフが拠点としてるアパートに昔から存在していた造形物。意図は不明だが、特定の鳥——白い鳩の意識が自身に向くように、周囲の色彩霧の流れを変化させる技法を自動的に発動している。TE-242で言うところの一般的な「アンテナ」としても使える。

 

オマケ

眠り砂/未だに分量/ミスります

No.155:思想の塔/Philosophical Tower

No.155:思想の塔/Philosophical Tower

No.155:思想の塔/Philosophical Tower

No.155
・名前:思想の塔/Philosophical Tower
・場所:TE-242・旧技法の国(推測)/ホルクアイード/首都サンフォルムのとある場所
・分類:造形物/神学・魔学/建築/ランドマーク
・寸法:高さ→26cm
・関連:No.086/思想の卵/Philosophical Egg|No.146/アバナキスマの塔/Avanaxma Tower
・概要:私たち→ウォセ=オーザケフと水沢岸辺が住んでいる街のはずれに突き刺さっていた搭状の構造物。アバナキスマの塔と似たような材質をもち、旧技法の国の言葉で「思想の塔」と刻印されている。画像は、抽出術で形体を取り出したもの。

 

オマケ

生きるのだ
未だ合えない
者のため