No.219:妖怪変化/Monstrous Apparition

No.219:妖怪変化/Monstrous Apparition

場所:妖学的技法のあるほぼ全てのテクニジカ
技法:妖学的技法に因る
種別:技法・種族/反自然法則的存在
関連:No.021:妖学的技法/Antiscientific Technigic

———————————————————————————

叙事的散文物語を書くための旅に出る準備がてら、私は後回しにしていた諸々も同時進行で片付けている。これまでの漫遊中に出会い、未だこの場で語ったことのない存在たちに関するたちの記録づくりもその内のひとつだ。

妖学的技法――つまり自然法則に反する能力を使い、己の姿形を種の段階から変える技法、あるいはそれにより実体を保っている種族がいる。それを非技法世界に伝える場合にふさわしい語はおそらく「妖怪変化」だろう。

熟達者曰く、この技法に何より必要なのは「自然法則や道理に反しようとする意志」である。例えば翼を持たない者の場合、その事実に強く疑問を持ち、真っ向から向き合い、理由を知り、そうした上で妖学的技法を磨いてまで、翼がないという事実を否定する者にこそ、技法習得の光明は差す、とのこと。

 

オマケ

夜更かしは/精神的に/良くないぞ

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang

No.211:まどろみのケサランパサラン/Slumber KesaranPasarang

技法地球242号/ホルクアイードの冬季にて神出鬼没

妖学的技法の作用により発生

技法現象/妖学的現象/自然発生的催眠現象

関連:No.210:ホルクアイード/Horkaied

技法地球242号で発生する技法現象、またはそれにより生まれた、白い綿毛のような存在の呼称

ホルクアイードの寒帯で、且つ妖学的技法を発生させる色彩霧が濃い地域で多く見られる。この綿毛状存在は周囲の者を眠りに誘う波動を常に放っており、数が増えれば増えるほどその作用は強力になる

一部豪雪地や吹雪のなかでこれに遭遇することは、地元民にとってはそれなりの脅威として見られている

 

オマケ

静けさが/私のまぶた/重くする

No.207:ジャックシェル/Jackshells

No.207:ジャックシェル/Jackshells

No.207:ジャックシェル/Jackshells

No.207:ジャックシェル/Jackshells

技法地球242号(TE-242) ほか/ハロウィンが根付いている妖精の里 など

一般的に妖学的な核を持ち、魔学的な外装に覆われている

技法道具/妖精道具/妖精の器

関連:No.妖精の殻/Fairyshell

ジャックシリーズとも呼称される「妖精の殻」の一種。催事――特にハロウィンの時期に使用される。

かつてTE-242に存在していた、「ジャック」の名が付く高名な妖精たちを模しており、偉人・英雄・悪漢などは関係なく様々なタイプが造られている。最もポピュラーなのは「ランタン」「リッパー」「フロスト」の3タイプ

お菓子をくれなかった際に適した悪戯機能が、いやに充実している

 

オマケ

アメーバの/気持ちになれば/大丈夫。

No.201:白い色彩霧/White Colorful-Mist

No.201:白い色彩霧/White Colorful-Mist

No.201:白い色彩霧/White Colorful-Mist

No.201:白い色彩霧/White Colorful-Mist

技法地球244号 ほか/記憶の街 静南 ほか

妖学+神学的技法により生成されている

技法物質/特殊色彩霧/記憶する物質

関連:No.015:色彩霧/Colorful-Mist

静南などに存在する、接触した存在たちの「記憶」を保存するメカニズムを持った特殊な色彩霧

一見すると、そちらの世界にも存在する細かな水滴の集まりたる白霧と変わりないように見えるが、この「白い色彩霧」の白さは、一般的な色合いの色彩霧と保存された記憶が大気中で加法混色的に縒り集まることにより生まれたものであり、したがって組成面で大きく異なる

記憶を抽出する際にはそれら組成のバランスが崩れるため、色彩霧特有の鮮やかな彩りが現れる

 

オマケ

「キモさ」にも/色んなタイプ/あるんだな

No.200:記憶の採掘場/Memory Mining Area

No.200:記憶の採掘場/Memory Mining Area

No.200:記憶の採掘場/Memory Mining Area

No.200:記憶の採掘場/Memory Mining Area

技法地球244号 ほか/記憶の街 静南(セイナム) ほか

妖学+神学的技法により生成されている「白い色彩霧」などが充満している

場所/特殊鉱脈/非実体的存在採掘場

関連:No.183:記憶の街:静南/The City of Memories: Seynam//No.199:記憶の採掘師/Memory Miners ほか

静南などに存在する、訪れた者たちの「記憶」を含有する物質が十分量採取可能なほど充溢している場所

このような場所には今まで不明とされてきた歴史的記録の手がかりが眠っている可能性が多分にあり、ひと文明発展のための大いなる足掛かりとして、そして価値のつけようがない宝山として、各方面から耳目を集めている。ただし、採掘師の知識がないものに対しては多くの危険も秘める

 

オマケ

とりあえず/200番まで/やりきった!!