No.218:モトビースト/Motobeast

No.218:モトビースト/Motobeast

No.218:モトビースト/Motobeast

No.218:モトビースト/Motobeast

場所:技法地球242号/裏州(リージア)においては珍しくない
技法:科学的技法+他技法
種別:技法道具・けもの/生体機械属/生体ビークル
関連:No.165:技法地球242号/Technigic Earth No.242 | No.048:ソングランドのオートマータ/Songlandish Automata

———————————————————————————

相方(←人間。本人の希望により、以降M=O氏と表記する)が私の棲んでいる世界においてとりわけ興味を持ったもののひとつが、技法地球242号の公道を走る「モトビースト」たちだった。

一般的に、「動力源がモーター、あるいはそれと同様の器官であること」「人工/天然問わず基部が筋繊維により構成されていること」「ボディの大部分が科学的技法による組成であること」という条件を満たす存在を指すと言われている(一部地域では「騎乗/搭乗/搭載能力があること」も勘定に含まれる)。

M=O氏が今回翻訳した個体は、それらのなかでも特に乗り物然としたものだった。何でも、自分がいつか乗りたいバイクの車種に似ているのが目を引いたらしい。相変わらずわかりやすい奴よなぁ。

 

オマケ

「できない」を/「できる」と絡め、/やったるぞ!!

No.203:狂わせ鮫/Dazzling Sharks

No.203:狂わせ鮫/Dazzling Sharks

No.203:狂わせ鮫/Dazzling Sharks

No.203:狂わせ鮫/Dazzling Sharks

マイナス技法地球001号/「闇の浅瀬」に似ている場所

神学的技法により存在(推測)

けもの/精神寄生体/悪性精霊

関連: No.118:マイナス・マンホール/The Minus Manhole | No.134:闇の浅瀬/The Shoal of Darkness ほか

マイナス技法世界の或る地域に満ちている「黒い水」のなかに潜んでいると思われる精神寄生体の一種

寄生した者のある傾向の自制心を食し、その副作用により宿主は自らよりも眩しく、自由なものに対して異常なまでに攻撃的な劣等感を抱くようになる

理由は不明だが、上記の副作用が発現している者は自分の周囲にイヌザメ大の幻影を見るようになる

 

オマケ

欲しいのは/神様よりも/アクティブさ

No.190:動物の精霊/Animal Spirit

No.190:動物の精霊/Animal Spirit

「動物」のいるほぼ全ての技法世界に存在

神学的技法が存在の基底にある

けもの・ひと/精霊/獣型精霊

関連:No.023:神学的技法/Philosophical Technigic

多くのテクニジカにおいて、精霊は概ね神学的技法が実存の根拠で且つ、神ほど変幻自在ではなく、天使のように生来の役割を持たない存在が当てはまるとされている

そのなかで、動物として認識されることに対して適性が高く、ひと前にそれらを基にした姿でよく現れるものがこの名で呼ばれている

 

オマケ

充電に/丸一日を/要したぜ…

No.186:コウセキマイマイ/Ore Snail

No.186:コウセキマイマイ/Ore Snail

No.186:コウセキマイマイ/Ore Snail

No.186
・名前:コウセキマイマイ/Ore Snail
・場所:技法地球244号(TE-244)/記憶の街 静南 ほか
・分類:蟲・けもの/科学+α/蝸牛/コウセキマイマイ科
・寸法:体長→25~34mm(未合成)/合成技術を使って後天的に寸法を変えることが可能
・関連:No.094:科学的キメラ/Scientific Chimera
・概要:静南に生息している科学的生物の代表格的存在。生長の過程で殻を耐火性鉱物でコーティングしていくという性質と、被科学的キメラ合成への異常な適応度から、しばしば大きさの可変が自在な生体燭台として一部技法師に愛用されている。生物倫理に厳しい区域においては、合成済み個体の持ち込みはほぼ禁止されている。

 

オマケ

冷めやらぬ/熱が高まる/犬の声

No.175:デンクータツ/Denkutatz

No.175:デンクータツ/Denkutatz

No.175:デンクータツ/Denkutatz

No.175
・名前:デンクータツ/Denkutatz
・場所:技法地球244号(TE-244)/記憶の街 セイナム/霧渡りの渓谷
・分類:けもの/妖学+α/妖獣/風船獣種
・性別:心身共に最初は◯<ナシ>/後天的に♂<オス>♀<メス>⚥<両性>のどちらかになる
・表記:漢字で書くと「電空辰」となる
・概要:廃墟を基に築かれた閑静な街 静南という場所で見られる妖獣。妖学的生物であるが、セイナムに立ちこめる白い色彩霧を摂取し、その組成と体内への蓄積によって後天的に性質を変化させる。
・補足:私がこの街に来た時、最初に見た獣。

 

オマケ

弾けりゃなあ・・・
自由自在に
エレアコギ