テクニジカの破片たち/Fragments of Technigica

或る世界にはたくさんの物事があって、そのかけらがこれらです

ABOUT

テクニジカの破片かけらたち
Fragments of Technigica

制作:テクニジカ(Technigica)
原案・取材:ウォセ=オーザケフ(WoSe=◉zakefu)
翻訳:大西光貴(Mitsuki Onishi)

 

 

テクニジカの破片かけらたち/Fragments of Technigica という作品群を収蔵するサイトです

世界テクニジカ(World Technigica) という異世界、そしてそこにある事物たちの切れ端を、画と文を付して破片かけらにするというものです

現在、Instagram、Twitter、Tumblrにて、毎日21時投稿しているので、それらをここでまとめています ※「21時」は日本時間(JST)で、ですよ

・作品の一覧はこちら。それぞれの作品には#FoT(番号):という風にナンバー、付けられています


N|∞|∞|N|N|∞|∞|N|N|∞|∞|N|N|∞|∞|N|N|∞|∞|N|N|∞|∞|N

制作名義について


テクニジカ、
ウォセ=オーザケフ、大西光貴 はすべて、大西貴紘(以下、乙)という一個人の名目上のペンネームです。これらは現在それぞれ、制作者名義として乙が記すことで、以下の要素を含んだ乙の作品(活動)であることを示すべく使用されています

 


(1) テクニジカ(Technigica)
「世界テクニジカ(制作者名義としての「テクニジカ」とは区別される)」の世界観や、それにまつわる表現手法、思想観を一定以上含んだものであること

 


(2)
ウォセ=オーザケフ(WoSe=◉zakefu / WoSe=Ozakefu)
「世界テクニジカに住む協力者(ウォセ=オーザケフ)」の存在が強く想定されたものであること

 


(3)
大西光貴(Mitsuki Onishi)
「世界テクニジカの事物を表現(翻訳)しようとする人間」の存在が強く想定されたものであること、あるいは、「世界テクニジカ」との関係が希薄であること

※ここまでの表記は乙個人の裁量にて行われるので、第三者から見て「この表記違くない?」という場合も多々あるかもしれませんが、ご了承下さい

© 2021 テクニジカの破片たち/Fragments of Technigica

テーマの著者 Anders Norén